ゴスペルのぬるしをあげて

普天間基地ゲート前でゴスペルを歌う会 歩み・記録集

軍事基地がもたらす命の軽視に抗う思いから、キリスト者が立ち上がり、ゲート前で非暴力の基であるゴスペルの歌をもって始まった。沖縄に呼応して全国各地に広がりを見せている6年の歩みを綴る。ブログや集会記録、参加者の声も合わせ、基地のない平和な世界を祈り求める。

2,000円+税

編:普天間基地ゲート前でゴスペルを歌う会

出版:いのちのことば社